MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« もしも、インターネットがなかったら | メイン | DVD鑑賞『ニュースの天才』 »

2005年10月17日

昨日の『新シルクロード』

2005-10-17.gif NHKスペシャルの『シルクロード』といえば歴史浪漫! と期待して観るのだが、昨日はウツ……。歴史じゃなくて、現代の中国お家事情じゃないですか。近代化の裏であんな現実があるとは。
 昨日のテーマは、『幻の黒水城(カラホト)』。13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされたタングート族の都、カラホトのお話。200年続いた彼らの王朝の名は、西夏。西夏文字で有名な謎の民族だ。彼らはチンギス・ハーンによって滅ぼされるのだが、その後も、カラホトに残ることを許されていた。それなのに、けっきょく、カラホトは衰退し、いつしか砂に埋もれてしまう。その原因は、自然現象――砂漠化である。
 が、実は自然現象ではなくて、明がカラホトを潤している川をせきとめ、水が都にいかないようにした! というのである(一説)。で、場面は変わって現代。今の中国でも同じことが起きているというのだ。地名は忘れてしまったが、100年前に探検家のヘディンが「この世の楽園」と呼ぶぐらい緑豊かな土地が、今、砂漠化の憂き目にあっている。その土地に住む遊牧民族たちは、政府から移住区に移り住むよう言われている。そこは遊牧できるような場所ではなく、きれいに整備された町(村程度か)だ。家はタダで住めるが生活の保障はない。そこで生活していくなら、遊牧をすて、別の仕事を探さなければならないわけだ。つまり遊牧民族が農耕民族に変われと言われているようなもので、「転職する」という気軽なものじゃない。先祖代々、受け継がれてきた文化を捨てろというわけだ。
 砂漠化=自然現象。「温暖化が進んでいるからなぁ」とぼんやり見ていたら、この土地の砂漠化の原因は、川をあちこちでせきとめ、農耕用水にと、どんどん引水しているせいだというのである。つまり、農耕民族たちが、自分たちのために川の流れを変えてしまったせいなのだ。遊牧から農耕へ。「こちらの生活のほうがより豊かになれますよ」といううたい文句があるのかどうかは知らないけれど、中国の遊牧民たちは生活基盤を失い、やむにやまれず、町に移住しているそうな。いずれ中国から遊牧民は消えてしまうのかも知れない。
 民族が消えていくドラマは、歴史上のものではなく、現代も続いている。なんと重いテーマだったことか。が、こういう話は普通のNHKスペシャルでやってよ。せっかく浪漫あふれるシルクロード~と思って観ていたのに……ウツウツ。

投稿者 かめちゃん : October 17, 2005 09:34 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?