MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« DVD鑑賞『ニュースの天才』 | メイン | これも偶然の発見? »

2005年10月21日

ハテナ?

2005-10-21.gif ニュースサイトを見ていたら「藻を食べて、植物になる微生物・ハテナ」なんて見出しがあって、はてな????
「ハテナ」は、100分の3ミリという小さな微生物で、なんと細胞分裂するときに植物と動物に分かれるらしい。筑波大の教授が、偶然、浜辺で発見したとか。
 記事によれば、「葉緑体を持たない生物が藻類を細胞内に共生させ、コンブやワカメなどに進化していく初期段階の現象」(asahi.com)ではないかということである。つまり、植物と動物が分岐するミッシングリンク発見か?
 ハテナを発見した井上勲教授をネットで調べてみたら、研究領域は植物系統分類学で、研究テーマは、藻類、特に微細藻類の系統解析と分類だそうで、ため息が出るぐらい地味な研究……(興味のある人にとってはそうではないだろうけど)。そのサイトに「緑色植物はどこからきたのか? どのように進化してきたのか? が重要な研究テーマです」とあり、その解明に役立ちそうな、ハテナを発見したときの心境はどうだったのだろうと、そっちに興味を持った。
 科学者が地道に研究し続けているうち、実験や研究からではなく、ほんの偶然の出来事から大発見をしてしまう! というニュースはよく耳にする。とはいえ、その偶然を招くのも、地道に研究してきた結果、ある種の勘が働くようになるからだろう。科学の発見は注目されやすいのでニュースになるけれど、こういう偶然による発見は、誰にでも起きることなのかも知れない。それを見過ごさずにキャッチするには、地味であっても、なにかをこつこつと続けることなんでしょうな。飽きっぽい性格の者には無理か、と早々にあきらめてしまいますが。
 それにしても、「ハテナ」という命名はなんなんでしょう……。新種発見の喜びより先に「なんじゃこれ?」という疑問がわいたんだろうなぁ……。

投稿者 かめちゃん : October 21, 2005 12:11 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?