MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ドラマで勉強 | メイン | 和解の象徴 »

2005年10月30日

はまるドラマ

2005-10-28.gif 使用しているRSSリーダーにはキーワード登録機能がついている。つまり、任意のキーワードを登録しておくと、そのキーワードが書かれているブログ記事を集めてきてくれるというわけだ。これでヒトビトの関心度がある程度わかったりしておもしろい。たとえば『新撰組!』の役者さんたちの名前を入れてあるのだが、一番記事数が多いのがダントツで「オダギリジョー」。今年は出演映画の本数が多いせいもあるだろうけれど、人気のバロメーターになっているのかなぁ~と思ったりする。ま、それはさておき……
 そのRSSリーダーに「チャングム」を追加した。すると、あれよあれよあれよあれよ……という間に700件! 集まりすぎである。それに引き換え「義経」は……フタケタ。まあ、たかが狭い範囲のブログ検索ではあるのだが、それでもこの差は日本の大河ドラマよ、がんばれ(?)といいたくもなる。
 といいつつ、観ている『チャングム』。総合ではまだ4話。あと50話もある。すごい、長すぎる(BSで最終回観ちゃったけど)。まあ、まだ4話目ではあるけれど、これは、はまるドラマの典型だなぁ……と思いながらはまっているわけだ。『おしん』は観ていなかったので、似ているといわれてもわからないのだが、昔読んだ『キャンディ・キャンディ』にはぜったい似ている。あれも主人公が、明るくて前向きで賢くて善良な人々に好かれ、おまけに看護婦になる。で、孤児院出身ということで(身分の差から)いじめられる。話の舞台も展開も違うのだが、その作りは、いじめや不幸な境遇で「これでもか!」というぐらいに観る者を抑圧し、最後に大逆転。これで「スカッ!」とさせるのだ。その繰り返し。まあ、その間にあるドラマを楽しむわけだけれど、この「スカッ!」があるからこそ、はまるんだろう。
 世の中、なかなか「スカッ!」とはいかない分、「スカッ!」ドラマは必要となるのだろう。『義経』には、この「スカッ!」がない。ラストを知っているからなおさら……歴史だから変えようがないんだけど、そのなかでいかにカタルシスを得られる作りをするか、が見もの? 考えてみればもう11月! 終わりが近づいてきましたな。

投稿者 かめちゃん : October 30, 2005 11:24 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?