MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« またやった | メイン | モルと音楽 »

2005年11月13日

民間療法(その3)

2005-11-13.gif culiが腰痛を訴え病院へ。原因を探るためCTを撮ることになったのだが、なんと予約がいっぱいで3週間待ち。その間、なにか腰痛にいいものがないかとネットや本屋で探してみた。で、「腰痛にはびわの葉温灸がよい」という記述が目立ったので、それを実践してみようと思い立った……が、びわの葉をどうやって手に入れる?
 昔、家の裏庭に大きなびわの木があった。大量に葉っぱが落ちていて、足の踏み場もないような状態になっていたので、ほとんど木のそばには近づかなかった。一度、家の鍵を忘れて、2階の自分の部屋の窓から入ろうと、そのびわの木に登った記憶があるぐらいだ(失敗したけど)。いまはマンションなので、びわの木を植えるわけにもいかない。で、ネットで調べてみると、売ってくれるところはあるが、プラス温灸器具を購入しないと駄目らしい。そんな器具を買わなくても、こんにゃくを暖めたものやカイロで代用できるわけで、なんだかなぁ……である。おまけに「びわ茶」なんてものも商品化されている。
「お茶でもいっかぁ……でも、高いよなぁ」と、思ったとき、ふと中華街が目に浮かんだ。あ、あそこなら安く手に入るかも。ということで急遽、中華街へ。
 ありました。大きな袋入りで800円也。やすっ! おまけに、ただの葉っぱを削っただけで、余分なものが入ってない。本当は削ってない大きな葉っぱが欲しいんだけど、ま、これで代用するか……と買ってきた。アルコールにつけて4ヶ月ほど寝かせれば、濃厚なエキスが作れるのだ。が、とりあえず、ためしに出し袋に細切れのびわの葉を入れて、それをculiの背中に置いて、その上からタオル、ホッカイロを置いてみた。
 が、culiいわく「熱くないよ。それに、こういうのって、なんか新興宗教みたい」
 あ、そ。
 ウチでは子どもの頃、風邪や疳の虫やイボやタコなどを、母が民間療法で治してくれていたので、あまり抵抗はない。疳の虫退治といって、手のひらに墨で文字を描き、それを塩でこすり合わせて手を洗うと……あら不思議。白いモヤモヤが指の先から逃げていく~というのを目の辺りにしたし、足の裏にできたタコをなすのヘタでこすり、そのヘタを土に埋め、そのヘタが腐る頃にはタコは消える……というのも(実際掘り起こして確認してはいないが)、何をやっても取れなかったタコがキレイにとれた覚えもある。科学的に証明されてはいないだろうが、そういうこともあるのだ。それで治ればラッキーではないか。
 西洋医学は信じても、伝統的な民間療法や東洋医学は信じない……という人はけっこういる。まがいもの商品の影響もあるだろうけれど、考えてみれば、東洋的なものの考え方って、学校では習わないからなぁ……。「チャングム」ブームで少しは東洋医学に光が当てられるかな?

投稿者 かめちゃん : November 13, 2005 11:40 AM

コメント

ぴかりぃさん、お久しぶりです!
情報ありがとうございます。
良心的な値段ですね。
原因が内臓系でなければ、検討材料とさせていただきます!

投稿者 かめちゃん : November 13, 2005 11:21 PM

こんにちわ。腰、大丈夫ですか?
腰には十次式もよいですよ。といっても自分はやったことがないのですが、でも知っている人が行って、ぴたりと直ってきました。びっくり。
やっぱりちょっとあやしいけど??、1回2000円とのことなので、ぼったくり系の怪しさはないのです。(ただ若い女の子が好むようなおしゃれな場所ではないらしい・・ってどんなの??)
http://www.jujishiki.co.jp/

投稿者 ぴかりぃ : November 13, 2005 09:36 PM


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?