MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 民間療法(その3) | メイン | 読書『なぜ、占い師は信用されるのか?』 »

2005年11月15日

モルと音楽

2005-11-15.gif 朝、テレビを観なくなって久しいが、やっぱり音がない生活は寂しい。……ってわけではないのだが、今朝はモーツアルトのピアノ協奏曲第26番ニ長調「戴冠式」)なんてものをかけていた。パンにコーヒーにモーツアルト。「なんか優雅じゃないの~」とリラックスしていたら、モルモットマンション(?)から「キッキャラクルクル、キッキャラキッキャラ」と落ち着きない鳴き声が。マンションの2階、メル部屋からである。
「うるさいなぁ。餌はやったし、水もあるでしょ」と理解するはずもないのだが、声をかける。が、いっこうに鳴き止まない。いまさら発情期か? などと思いつつ無視していたが、美しい旋律を妨害するように、キッキャラクルクル、キッキャラキッキャラ、キッキャラクルクル、キッキャラキッキャラ……。
「うるさいっ!」
 ほかの3匹はおとなしいのに、いったいどうしたんだろう……虫でもいるのか? と少々心配になる。が、曲が終わったとたん、ぴたりと静かになった。もしかしたら、曲が気分を逆なで(あるいは高揚)させていた? なんて思ったら、メルには悪いが実験したくなる。管弦楽の楽器の音に、なにか落ち着かせない音があるのだろうか。でも、ほかの3匹はまったく、反応していない。ってことで、手元にあった別のCD(ワーグナー)をかけてみた。が、メルはおとなしいまま。同じ管弦楽なんだけどなぁ……と思いつつ、またモーツアルトに変えてみる。すると再びキッキャラクルクル、キッキャラキッキャラ……。
 へぇ……なんで?
 ちなみに、『オペラ座の怪人』のサントラをかけていたときは、ラルが「グルグル」と警戒の声を出したのですぐにやめた。フリーサイトのMIDIで『禿山の一夜』をかけたときは、全員、一目散に小屋の中に逃げ出し、こっちまでびびった。モルモットも個体によって、気になる音(音楽)が違うのかな?

投稿者 かめちゃん : November 15, 2005 12:27 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?