MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« マンション建築 | メイン | 今頃Nスペ『サイボーグ技術が人類を変える』 »

2005年11月24日

お弁当日記(その1)

2005-11-24.gif 豚と牛を食べなくなって三ヶ月ほど。ごはんは玄米。……で、胃腸の調子はすこぶる良好!(胃腸だけなんだけど)。まあ、そんなわけで、アメリカ牛の輸入再開なんてニュースも「どうでもいいや、どうせ食べないし」と興味がない。加工品も「牛脂」「豚脂」という表示のあるものは避けている。健康を考えれば、動物性食品はいっさい摂らない! のがいいのだろうけれど、そこまでは徹底できず、鶏と魚と乳製品は摂ってしまう。が、食材はできるだけ有機、自然食品を心がけるようにはなった(高いんだけどさ)。
 で、この1週間ほど、昼は弁当も作っている。自分の分なら見た目はどーでもいいけれど、culiに持たせる弁当は、やっぱり会社で広げるわけで、見た目はどーでもいいとは割り切れない(見栄、見栄、見栄)。
 緑(葉っぱ類)と赤(トマト)は毎度確保できるのだが、ほかの色がむずかしい。黄色は卵を使えばいいのだが、朝、食べるので昼には入れたくない。で、たいてい黄色はコーンかかぼちゃ。もう一色……ってことで、見つけたのが紫色のイモ! である。原産地は種子島。サツマイモの一種でお菓子によく使われている甘みの強いイモだ。
 これをふかして潰して牛乳(もっと甘くするならはちみつ)を入れてねる。で、丸めて(ここまででもいいんだけど)、片栗粉をまぶし、ふたたびふかすとねっとりしたイモだんごができる。これがけっこうおいしい。もしいっぱいあまったら、牛乳に溶かして火にかけイモポタージュなんてものも作れる。
 なーんて弁当の中身を毎日考えていると、これって、けっこう頭使うのね。お子さんたちの弁当を毎日つくるお母さん(お父さん)の苦労がよくわかった。冷凍食品のような便利で簡単な具を使わず、安全な食材から手作りで作るとなると、夜の仕込みに1時間、朝の調理に1時間と手間がかかるものである。
 世の中の流れは「男性も女性も働くように」となっているけれど、忙しすぎると、つい食事(家事)に手を抜くことになる。ファーストフードや冷凍食品であれば、ものの15分でしたくはできるかも知れない。だけど、食の安全を少しでも調べ始めると、それらに頼ることは、怖くてできなくなってしまう。
 誰もが時間と場所に縛られず、生活に余裕を持って仕事ができる時代がくればいいのになぁ……と、弁当を作りながら考えてしまう。食事と睡眠、趣味と仕事。「仕事第一」ではなく、この4つがバランスよくとれる社会なら、ストレス知らず、病気(生活習慣病)知らずでいられるだろうになぁ。


【今日のお弁当】
・サーモン(切り身を味噌、しょうが、酒、しょうゆで下味をつけて丸めて焼いたもの)
・野菜1(ほうれん草、スナップエンドウ、ベビーコーンのゴマしょうゆ和え)
・野菜2(ミニトマト)
・野菜3(ごぼう、にんじん、たけのこのあっさり煮)
・野菜4(まいたけ、小松菜のホタテスープのあんかけ)
・野菜5(紫イモのふかし)
・ごはん(雑穀入り玄米、うめぼしつき)


投稿者 かめちゃん : November 24, 2005 12:03 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?