MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« NスペとNネットワーク | メイン | 12月になっちゃった~ »

2005年11月30日

国の援助と民の援助

2005-11-30.gif はやいもので、11月も今日で終わり。今年も残すところあと1ヶ月である。今年はどんな年だったかなぁ、と思い返してみると、昨年末のスマトラ沖地震で始まり、アメリカ南部のハリケーンに、パキスタン地震……と、大きな自然災害ばかりが思い出される。で、いまは欧州が大寒波。どうなっているんでしょうか。
 今月の『ナショナルジオグラフィック』には、南米のハリケーンの記事と、「世界から忘れ去られた被災者たち」というタイトルで、インドネシア(スマトラ沖地震)、イラン(2年前の地震)、アフガニスタン(戦後の政情不安)、ウガンダ(紛争)における国際支援の記事が載っていた。
 地震にしても、紛争にしても、その直後はニュースになり人々の関心が寄せられるけれど、時間がたつと忘れさられてしまう。アフガニスタンがいまどうなっているかなんて、この国では、もう話題になることはほとんどない。
 そんな記事のなか、妙に目をひいたのは、スマトラ沖地震の各国の人道支援額のグラフである。それは、各国が公に表明した支援額と実際の拠出額の比較をあらわしていた。金額を表明しておきながら、実際はその半分(8分の1ってとこもある)も拠出していない国があったりして、なんだかなぁ……である。が、そのなかにあって、日本はエライ! 表明した5億ドルのほぼ全額をすぐに拠出。それに比べて、アメリカは3億5000万ドルを約束しておきながら、実際は、1億3000万ドル程度しか拠出していない。イギリスもそのぐらい(ただし、イギリスは表明額よりは多い)。ともかく、日本は援助額としては、ダントツ1位なのである(記事のグラフは、6月29日現在のもの)。
 いやぁ~、日本はエライ! 借金だらけの国なのに、それなのにエライ! などと思いながら、記事を読んでいくと、世界の国(政府)からの援助総額が22億6000万ドルだったのに対し、世界の人々(民間)からの援助総額は、42億ドルだという。国よりも個人や企業の支援額のほうが上なのだ。
 で、アメリカの民間援助総額はというと、15億5000万ドル。日本の民間援助額は、約1億7000万ドル。アメリカの人口は日本の約2.4倍あるとしても、その差は大きい。記事だけ読むと、日本は援助も国まかせかぁ……と少々、がっくり。とはいえ、それでもかなりの額であることは確かだが。
 とはいえ、この記事は、援助額が多い少ないをどうこういうのが目的ではないようだ。マスコミが大きくとりあげた災害には民間も含めて国際援助の手が大きく伸びるけれど、すでにニュースとして新鮮味を欠いた災害に関しては、急激に無関心になってしまう世界の国(人々)について「どうよ?」と問題をなげかけているのである。
 そうはいっても、自分の生活も苦しくなってきたし、ニュースにならなくなった被災地のことまで気が回らないのは確かである。民間は忘れてしまうのも早いのだ。だから「ご心配なく。税は上げますが、その分、国がかわって援助もしてますから~」っていうのがやっぱりいいのだろうか……なんて、記事を読みながらも、「ホッキョクグマに迫る温暖化」という次の記事のほうが気になってしまったりして……。

投稿者 かめちゃん : November 30, 2005 01:00 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?