MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 調理道具GET! | メイン | 『義経』終わった »

2005年12月08日

年賀状、今年もまた…

2005-12-08.gif 郵便局に行ったら、前列のご婦人が大量に年賀状を買い込んでいた。
「あ~、そんな季節か……」と思いながら、毎年、毎年、毎年……書くのは年が明けてからである。だいたい、年が明ける前に「あけましておめでとう」と書くことに、なんとなく違和感があるのだ。『エンカルタ』によれば、年賀状とは「年始まわり」の簡略化版。年始まわりの慣習は平安時代からあったそうだが、明治になり郵便が発達すると、出かけるよりはラクチンとばかりに(?)はがきで出す年賀状が普及していったそうな。本来、年賀状とは、1月2日(書初め)に書くものであり、松の内(1月7日まで)に出すのが正しいようである。それが、年末(25日あたりまで?)に出しておけば元旦に届くという郵便制度によって、書初めに書くという習慣は消えてしまったようなのだ。
 先日、仕事メールの挨拶文(いや、雑談)で、「最近は11月中旬からクリスマス装飾が始まり、12月に入ったら正月のグッズ(松飾とか)まで置きだすショップがあり、世の中、急ぎすぎていて、ついていけん」と書いたら、「同感~」というお返事をいただいた。「先のことばかりの情報が溢れ、余裕のない生活に誘導されているような気がする……」と土日も忙しく働く彼女の返事には力があった。
 ま、つまりは「1日でも早く季節を先取りしたほうが勝ち!」という商業的サイクルが、人々の心まで先に先に……と急がせている気がしてならない。それがいい悪いではないのだが、風物詩ってものがあるでしょうに、と思うわけだ。さすがに11月にクリスマス、12月にお正月って気分にはなれないのである。
 という言い訳ではないのだが、やっぱり由緒正しく(?)「年賀状は1月2日に書きますかな」と、いまだに年賀状を買っていない我が家である。

投稿者 かめちゃん : December 8, 2005 01:07 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?