MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 年賀状、今年もまた… | メイン | アニメづくり »

2005年12月11日

『義経』終わった

2005-12-11.gif NHKの大河ドラマ『義経』が終わった(デジタル総合で先行で観た)。1回も欠かさずに観ていたけれど、どうも物足りない。合戦のシーンなどの迫力が物足りないというのではなく(その辺は、しょせんテレビドラマだから)、人間ドラマとしても歴史ドラマとしても、深みが感じられなかった。主役(義経)をあまりに「いいひと」に仕立てすぎていたし、もののけ系の演出をやりすぎ。「もののあわれ」をしみじみ感じるなどという、感慨深さを味わうこともなく、ただ、惰性で観ていたドラマでした。
 来年は山内一豊? だれそれ?……である。歴史マニアのculiいわく、「今度は成功者の話だから年末にウツになることはない」とのこと。考えてみれば、昨年の『新撰組!』も今年の『義経』もいわば負組の話だったので、そろそろ勝組の話をやってもらいたいところではあったけど……。ま、とりあえずは、正月番組の『新撰組!!』とTBSの『里見八犬伝』をいまのところ楽しみにしている。
 八犬伝は、子どもの頃に観たNHK人形劇があまりにおもしろくて、それが印象に残っているため期待しているのだ。館山城にも行ったし、伏せ姫がヤツフサと隠れ住んでいた洞穴にも行ったことがある(もちろん、観光客目当てで作られたものだが)。はたしてどんな演出で見せてくれるのやら。
 と、ぜんぜん『義経』の話ではないな。そうそう、いちばん、許せなかった演出は、正室よりも靜を大事にしすぎたところかも。最後は、奥さんと子どもと一緒に自害するのが定説なのに、正室は鎌倉に帰して終わり……とは、どういうことでしょうか。ま、歴史に題材をとったフィクション、というのが大河ドラマの位置づけなので、今回のような描き方もありとは思うけど、どうもふにおちない。どうせフィクションなら、最後は大陸に渡ってジンギスカンになった! なんて可能性を匂わせてくれてもよかったものの。まあ、大河ドラマで日本史ネタがつきた折には、ジンギスカンをやってくださいませ>NHK。

投稿者 かめちゃん : December 11, 2005 05:35 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?