MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« よくみる夢 | メイン | 読書『拒否できない日本』 »

2005年12月26日

がっくり

2005-12-26.gif 今日もなぜか忙しいので暇ネタひとつ。
 お正月の特別番組『新撰組!!』のガイドブックをアマゾンで注文したら……年内発送はムリとの案内がメールできた。すでに書店にないためアマゾンで頼んだのにがっくりである(そのときの発送予定日は2~3日後だった)。思いのほか売れたんだろう。あるいは初版刷りの部数をかなり抑えていたのかも知れない。ともあれ、結局、届くのは放送後……ちえっ。
 ちえっ……といえば、昨日の有馬記念。興味がないのでまったく知らなかったが、このレースでディープインパクトという馬が史上初の無敗4冠達成に挑んだ。人気はダントツで、単勝1.3倍という配当率。……が、負けました。
 NHKの生放送を見ていたけれど、報道陣も一緒になって、ディープインパクトに並々ならぬ期待をかけていた。たまたまテレビで見ただけなのに、こうもクローズアップされていると自然と注目してしまう。もし人間だったら、かなりのプレッシャーがかかるだろう。
 オリンピックなどで負けた選手が、インタビューで「すいません」とあやまる痛々しいシーンがあるけれど、本来、あやまる必要なんてないはずだ。なぜか人は期待に応えられなかったということに、罪悪感を感じてしまう。そう思うと、つくづくディープインパクトくんは馬でよかった。ただ、馬といえども、プレッシャーや敗戦した悔しさなどが本当にないかどうかはわからないが。馬に人間の「気」のようなものを感じ取る能力があるとすれば、居心地の悪さを感じたりはするんだろうな。
 まあ、当然のことながら、レースやスポーツは、そのときの環境や体調によって左右されてしまう。どんなに強くても、常に期待に応えられるわけじゃない。そこは予定調和に創作されたドラマとは違うわけで、過度に期待するのは禁物だ。
 まあ、配当率が低いので、大損した人はそうそういないと思うけど、注目しすぎた反動で「がっくり」した人はかなりいたんだろう。とはいえ、一番がっくりしているのは、優勝したのに注目度で負けっぱなしのハーツクライの関係者かも知れない。

投稿者 かめちゃん : December 26, 2005 03:19 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?