MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 読書『拒否できない日本』 | メイン | いまさら『インディー・ジョーンズ』(その1) »

2005年12月28日

しめ飾りと餅つき

2005-12-28.gif スーパーの特設会場(ってほどの広さではないが)で、しめ飾りを売っていた。いろんな種類があり、興味本位でながめていたら……ひとつ買ってしまった(来年の干支=犬のオブジェがついていて、かわいかったのだ)。
 子どもの頃、家ではきちんと正月飾りをしていた記憶があるのだが、独立してからはそういう習わしも忘れてしまっていた。なので、買ったはいいけど、さて、いったいいつから飾ればいいんだろう……。実はそんな基本的なことすら覚えていない。
 ってことでウェブで調べてみた。そもそも正月のお飾りは、年神さまをお迎えするためのものだそうで。年神さまというのは、地方によって解釈が違うようだが、ウィキペディアに載っていた柳田國男の説がわかりやすい。
 年神とは……一年を守護する神、農作を守護する田の神、家を守護する祖霊の3つを一つの神として信仰した素朴な民間神。
 なるほど、お正月というのは、この年神さまを迎えて「今年1年、無事に過ごせますように……」と祈る儀式でもあるのだろう。そのお迎えのための準備は、28日までに済ませるのがいいようだ。29日は9という数字が「苦」を意味するので避ける。31日は一夜飾りといって、年神さまに失礼にあたるのでそれも避ける。あいだの30日は、あわただしいから駄目という地域もあれば、OKという地域もあるようだ。ともあれ、28日までに飾っておけば問題ない。ってことで、さっそく、玄関に飾った。
 が、年神さまを迎えても、家にはおもてなしするものがない。おもてなし=お供え物。それが鏡餅である。なんと、そんなことすら知らなかった(常識知らず~)。鏡餅も28日までに用意しなければならない。どうしよう……買い物いくの面倒だし……ってことで、つくることにした。
 もち米を炊飯器で炊く→大きめのボール型の器に入れる→すり鉢の棒でひたすらつく
 はじめてやってみたが、できるものですな。子どもの頃、家には「自動餅つき機」というのがあって(CMを見た父が、「これいいな! 買おう」と即決して、即買いした)、つくところまでは機械がやってくれた。そのあと家族で丸める(丸めながらつきたてを食べる!)。それを思い出しながら、片栗粉をまぶして丸めてみたものの、すぐに崩れてとなりのモチにくっつく! うーむ。むずかしい。2005-12-28-2.jpg
 で、こんなにペタンコなのしか作れませんでした。でも、味はいいですよん。

投稿者 かめちゃん : December 28, 2005 03:39 PM

コメント

ダブったコメントひとつ消しときました。
年末の忙しいときに、病気が舞い込んでしまっているとは……。ゆっくり休養して、体調整え、新しい年をむかえてくださいね。

投稿者 かめちゃん : December 29, 2005 05:14 PM

エラーが出たのでもう一度投稿したら、ダブってしまいました。一つ削除してください。 よろしく。

そうそう、年神様をお迎えしても、うちはおもてなしのもちなんてないです。 という事は、迎えない方が良かったのかな?

投稿者 きいこ : December 29, 2005 05:03 PM

えぇぇ・・
知らんかった。 今日(29日)飾っちゃった・・・・


あ、どうせ家はロタウイルスで、一家全滅の危機ですからねぇ・・・ 縁起悪いです。

今のところ、元気なのは私だけぇ・・

投稿者 きいこ : December 29, 2005 04:59 PM


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?