MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 軽率ですよな | メイン | 独りに優しい? »

2006年02月27日

65億人

2006-02-27.gif 世界人口時計によれば、世界の人口は65億人に達したそうな。当然、正確に測れるわけもなく、あくまで推測値に過ぎないが、人口推移の目処にはなるのだろう。
 日本では少子化が問題なのに、世界の人口は増え続けている。毎秒4.1人が誕生し、1.8人が死亡しているという計算。アメリカの国勢調査局の予想では、2012年に70億人に到達するそうな。が、人口統計学のジョエル・コーエン教授によれば、地球上では約50億人しか暮らせない(世界中の人に毎日3500カロリーを与える仮定で)。(以上『HotWired』より)。

 先日『ナショナルジオグラフィックスチャンネル』の特集番組「殺人ウイルス・ウィーク」(全6話のうち5話=5時間)をぶっ続けで観た。「インフルエンザ」「新型結核」「マラリア」「バクテリア」「進化するウイルスとの格闘」……最後の2本は、共存・有効利用の話も含まれ希望が見えたが、ほかは、ひたすら怖かった。この地球上で最強の生物はウイルスなのだろうと実感する。
 もし、耐性のないウイルスによるパンデミックが起きれば、1億人の犠牲者はゆうに出る。数字だけ見れば日本人全滅。加えて、温暖化によるのかよらぬのかはわからないが自然災害が増え、文明・民族の衝突も激化し第三次世界大戦が勃発すれば、人口は激減するだろう。が、それでも、70億人もの人類が絶滅することはなかろう。って、誰もそんなこと望んじゃいまい。どちらかといえば、70億人もの人が、生命の危険を感じることなく安全に暮らせるユートピアを夢見るだろう。が、そんな世界、どうやってつくるん?
 殺人ウイルスを無力化し、バイオテクで食糧難を脱し、新エネルギー開発で温暖化ストップ……なんて未来は、果たしてくるのだろうか。せめて、そういうSF読みたいんだけど、ないかな?

投稿者 かめちゃん : February 27, 2006 11:09 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?