MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« March 2006 | メイン | May 2006 »

2006年04月28日

観劇『ライフ・イン・ザ・シアター』

2006-04-28.gif 昨日は使い物にならない一日でした。
 なにしろ、朝、目が覚めたとたん、重石でぐりぐり押されているような腹痛でのた打ち回り「病院~!」と思った矢先にいきなり治り(その間、約2時間)、その後、ぐぁんぐぁんと頭の中で除夜の鐘を打たれているような頭痛が! こりゃ、駄目だと寝ていたら……治った。なんだったんだ? もしかしたら、一昨日に行った劇場で風邪でもうつされたんだろうか。ま、よくわからないけど、免疫くんが勝ってくれたようなのでよかった。

 さて、その一昨日に見た演劇とは『ライフ・イン・ザ・シアター』(デイヴヴィッド・マメット作、ポール・ミラー演出)、市村正親と藤原竜也の二人芝居である(会場内、咳をしている人多し)。二人の会話を通し、舞台人生と人間の一生の「諸行無常」を表現したもの。ひとつひとつのシーンは短く、それが時間軸にそってオムニバス形式で流れていく。

 最初は、ベテラン役者が若い役者を指導する形で進むが、若い役者が成長するとともに、だんだんその上下関係が逆転していく。ベテラン役者は若い役者に期待と嫉妬を募らせるとともに、疎外感と心身の衰えに憂いを覚えるようになる。若い役者は実力と自信をつけていくとともに傲慢になり、ベテラン俳優を疎ましく思うようになっていく。そのやりとりは、まるで親子の関係を見るようで、舞台という特殊な世界を題材にしていても、身につまされる。

 最初ほうのエピソードは、かなりコミカルで笑う場面が多いのだが、ベテラン役者と若い役者の形勢が逆転するに従い、笑いは消えシリアスな雰囲気が立ち込めてくる。
 子どもの頃は、親や祖父、祖母の話しをよく聞いて、たとえかみ合わない話であっても微笑ましい関係を築いていられるも、大人になるにつれ、徐々に親の話は長く退屈なものに感じられ、ヘタをすれば、その存在自体、軽んじるようになってしまう(なので儒教のような教えが出てくるのだろうけれど)。2時間弱のさっぱりした舞台ではあったけれど、ズシンとした余韻が残った。
 なるほど、こういう表現方法もあるんだなぁ……と久しぶりに「これぞ演劇」という手法を見せてもらった気がします。

 あ、演技のほうは、市村氏はさすがに安定していて非常にうまい。藤原くんはいつもの演技なんだけど、ちょっと抑えたほうがいいかな~と思える部分も……って舞台上でも言われていたっけ(もちろん役の上で)。

投稿者 かめちゃん : 01:06 PM | コメント (0)

2006年04月26日

友人の家

2006-04-26.gif 昔、(親が)家を建てる参考にと、何度かモデルルームに連れて行ってもらったことがある。どの家も、展示用の家具がきれいに配置され、行く先々で「このモデルルームに住みたい!」と思ったものだ。で、必ず、家に帰ると「これじゃいかん、部屋を片付けるぞ!」と意気込むのだが、けっきょく、意気込みだけで、ぜんぜん片付けられなかった。

 昨日、三年前に結婚した友人の家に遊びに行った。結婚と同時に、見晴らしも利便もいい地域(都庁のそば!)に新築一軒家を購入「絶対遊びに行く!」と約束はしていたものの、なかなか機会がなく、ようやく実現したのだ。

 もともと彼女はデザイナーだし、いけばなをやっていたりと、生活空間に対するセンスはめちゃくちゃいい。インテリアや観葉植物の置き方は、モデルルームも真っ青である。おまけにアロマの甘い香りに、穏やかな環境音楽に、洒落た飲み物に……と、まさに癒しの空間。おまけにベランダはハーブ中心のガーデニングでコーディネイトされ、もう「ここは喫茶店ですか!」 というような洒落た場所になっており、そこから西新宿の壮大な景色が望めたりするのだ。思わず「ここに住みた~い」と駄々っ子のようになってしまう。

 で、当然感化されてしまい、「ウチも癒しの空間にするぞ!」と意気込みながら家に帰ってきた。がっ、部屋を占領するモルモットの巨大なケージ(しかもいい加減な手作りでボロボロ)、いったい何台あるのかわからないパソコンに周辺機器にコードの類、売るに売れない本の山……。どうやったら片付けられるっていうんだ~と現実に打ちのめされ……

 いや! ここでめげてはいけない。なにしろ、ウチも癒しの空間にする意気込みで「今度はぜひウチに遊びに来て!」と言い放ってきたのだ。後にはひけない。
 この連休は家の整理整頓、大模様替えで決まり! である(たぶん……)。

投稿者 かめちゃん : 12:11 PM | コメント (1)

2006年04月24日

ヒトゲノムマップほしい

2006-04-24.gif 文部科学省作「ヒトゲノムマップ」が全国の科学館等でもらえるらしい(配布協力科学館等リスト)。
 まあ、わざわざ行かなくても、サイトからPDF版をダウンロードできちゃったりもする(文部科学省~一家に一枚ヒトゲノムマップについて)。といってもA3版とA2版。ウチにあるプリンタは、A4しか印刷できない……と思っていたら、特設サイト「第47回科学技術週間」のポスタークイズに答えると抽選で2000名に「科学映像DVD」「ヒトゲノムマップ」「一家に1枚周期表(第3版)」のセットがもらえるらしい。ってことで、とりあえず応募してみた(クイズは全8問。ふたつ間違えたけど、ヒントをみれば必ずわかるようになっている)。

 いや……だからなに? なのだが「一家に一枚ヒトゲノムマップ」というキャッチがなんともおかしくて、なんとな~く、欲しくなったのである。とはいえ、マップは、たった1パーセントの部分の解説があるだけらしい(学生の学習用という感じか)。それに……いったい誰のゲノムよ?

 人間は民族が違っても、99.9パーセント以上は同じらしい(人種や民族によって優劣があるという考えは大間違いだったと証明されたってこと)。だから誰のゲノムのマップであってもかまいやしない……って、それはそうなのだが、研究者以外のヒトにとっての興味はたぶん、残りの0.1パーセント以下の部分に集まるよなぁ……と思った(マップとは関係ないが)。なにしろ、たとえ0.1パーセント以下というささいな違いであっても、そこに個人の個性(体質、性質等)が生まれる秘密があるわけだ。

『HOTWIRED』で栄養遺伝子学に関する記事を読んだ。それによれば「DNA情報に基づいて、その人の健康を増進させる効果を持つ食品や成分がわかる」ようになるそうだ。○○食品は健康にいい! この薬は○○に効く! といっても、しょせん、その効果は人それぞれで、効いたからといって誰にでも効くものではないし、効かなかったからといって騙された! と恨むのも早合点……かも知れない(誰にも効かないものを売りつける悪徳業者はもちろんいるだろうが)。

 もし、個人が自分のゲノム情報を持つような社会になったとしたら、病院では自分にあった薬を調合してもらえるだろうし、レストランでは、自分にあったメニューをオーダーできるかも知れない。アレルギーに悩むことも、病院を転々とすることもない。その頃には、便利な既製品に囲まれた生活は健康によくない……という認識が主流になっているだろう。
 が、これはあくまで理想。たぶん、そうはならないだろう。個人のゲノム情報なんて、究極の個人情報。これがウィニーで流出したら(ってその頃にはないよな)、とんでもない人権侵害を起す可能性もあるし、差別を生むだけという危惧もある。そんな社会を築く前に、やるべきことはありそうだ。

 文部科学省は、家族でどんな会話をしてもらいたいと思い、この「一家に一枚ヒトゲノムマップ」を配っているのだろう。ウチはただ、東寺の曼荼羅の横に飾るか、ロシア正教のイコンの横に飾るか迷うだけか?(貝細工のキリスト像の後ろの壁ってのもある。その横には七福神がいたりする。ついでに伏見稲荷のおきつねさまのぬいぐるみってのも……)。

投稿者 かめちゃん : 03:53 PM | コメント (0)

2006年04月21日

蛇には足があったとな

2006-04-21.gif 旧約聖書に出てくる「エバに知恵の実を食べるようにとそそのかした蛇」には足があった。その行いを知った神様は激怒し、知恵の実を食べたエバとアダムにはエデンの園からの追放の刑を、蛇には手足を奪っての追放の刑を与えた……となにかで読んだ(旧約聖書じゃなくて)。
「どうして蛇には足がないの?」と子どもが親に尋ねたとき、キリスト教徒なら、そんな答えをするのだろうか。が、そうでないなら「昔は足があったけど、進化したのよ」と答えるのだろう。その裏づけ話が、昨日の「YOMIURI ONLINE」にあった。

 アルゼンチンのパタゴニア地方で、9300万年前の地層から、後ろ足のあるヘビの化石が見つかった。これまでも足のある蛇は発見されるも、すべてはかつて海だった場所からのもの。が、今回は、陸だった場所からの発見となり、蛇の陸上起源説が有力になったという。
 陸といっても、地中で生活することが多かったようで、そのために足は不必要となり、いつしか足のない種に進化したのだろうという話である。

 そういう話しを聞くと、以前、仕事で長時間、机に張り付いていると「ずっと座っていると、足に根が生えるよ」と言い合っていたことを思い出す。これはあきらかに「退化するぞ」という意味で使っているわけだが、足を失った蛇は、やはり退化ではなく進化したのだろう。なにしろ、その後、足のある蛇は消え、足のない蛇が生き残ってきたわけだから。しかし、そのメリットがいまいちわからない。ずっと地中生活をしているならまだしもそうじゃない。蛇は石が転がっている地面でも平然と這っていくし、木にだって登る。ずいぶん皮が厚いんだろうが、地上にいるなら、手足があったほうが便利そうだが……。
 と、たぶん、ちゃんと調べれば、その理由もわかるのだろうが、蛇ははっきりいって好きじゃない。なので、蛇に詳しくなってもね……ってところで。

投稿者 かめちゃん : 02:27 PM | コメント (0)

2006年04月18日

お試し無料ブログ

2006-04-18.gif いまどきの無料サービスブログって、どの程度使い勝手がいいんだろう……ってことで、試しにひとつ使ってみることにした。選んだのは、ペットブログ限定の「アセラ」。「川島なお美の愛犬日記」などがある。

 1年半ほど前、某ポータルサイト系のブログを使っているヒトから、テンプレートのデザインを変えて欲しいと頼まれた。スタイルシートはいじれるものの基本的な構造は変更できず、えらい苦労した記憶がある。ってことで、その後すぐに、CEFIRO.COMにもブログを導入することにしたのだが、無料のサービスブログは使わず、MovableTypeをインストールした。デザインは自由自在、カスタマイズしまくり……ではあるが、これまた、ど・えらい苦労した。

 さて「アセラ」はどんなものか……と早速、無料登録し、ブログを作成してみたら……えらい簡単ではないかっ! デザインもけっこう自由! たった1日でできてしまった。すごいなぁ……これで無料だもんな。
 ってことで、デザインは完成! ブログのタイトルは「MORU・NOTE」(http://morunote.a-thera.jp/)。「デスノート」にはまっているので、そのままパクリ。ノートに名前を記されたら死んでしまう~……なわけはない。

 実はなんでもそうなのだが、デザインするまでが楽しい作業なのである。このかめちゃん日記もあるし、両方の内容を更新していくのは面倒すぎる。ま、あっちはモルモット情報限定で、メルの闘病記を中心に展開してみるか……。
 ということで、姉妹ブログということで、たまには覗いておくれやす。

投稿者 かめちゃん : 09:09 PM | コメント (0)