MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« DVD鑑賞『ヒトラー~最後の12日間~』 | メイン | こんなサイト見つけた »

2006年05月10日

ファーストフードは肥満の原因?

2006-05-10.gif 健康は食事に左右される……と意識してからというもの、ファーストフード店にはほとんど行かなくなった(まったくではない)。ポテトフライとハンバーガーのほかにサラダをプラスすれば、まあまあバランスは取れるのかも知れないのだが、それだと結構な値段になったりするわけで……。

 さて、今日の「YOMIURI ONLINE」に、『「マックで子供が肥満」米ディズニーが契約解消』という記事があった。マック=米マクドナルド社である。日本でもそうだが、ここは子ども向けに、人気キャラクターのおもちゃをつけたりして販売を促進していたりする。そのせいかよくわからないが、昼間に訪れると、毎回「なんでこんなに子連れ客が多いのだ?」と驚いたものだ。育ちざかりの子どものお昼をファーストフード(たいてい、あまいシェークにハンバーガーとポテトだけ)ですませていいのかなぁ……と思ったりしていた。とはいえ、自分が子どもの時代も、昼間は焼きそばやインスタントラーメンだけで済ませていたりしたわけで、要は一日の食事のバランスの問題ではあるのだろうけれど。

 で、この記事。なんでもアメリカでは「子どもの肥満の原因として、ファストフード業界への批判が強まっている」そうで、子どもに夢と希望を提供するディズニーとしてはいただけないのだろう。確かに、現在のセットメニューをみれば、バランス悪っ! というものが多いのは否めない。けれど、選ぶのはあくまで客ではないか(アメリカのマックは、太るようなメニューしかないのだとすれば話は別だが)。

 だいたい、アメリカ人はカロリー高いものとりすぎ! なわけで、ファーストフードだけが悪者ではあるまい。が、これを気に「ファーストフードでもヘルシーなものを提供できますっ!」という姿勢が示されるなら、アメリカ人の食事に対する意識も変わってくるかもしれない(たぶん)。
 そういえば、どこかのファーストフード店(モスバーガーだっけ?)で、正真正銘のレタスバーガー(パンの代わりにレタスではさむ)っていうのがあった気がするのだが、あれはいまでもあるのだろうか?(考えてみれば、日本のファーストフードって、いろいろ工夫していてエライよなぁ)

 ファーストフードの便利さを思えば、需要が減ることはあるまい。もしもマックが、伝統的な「油こってり、牛肉どっさり、ケチャップたっぷり」のハンバーガー以外に、菜食主義者も食物アレルギー者もOKのヘルシーメニュー! を提供するようになったなら、業界のイメージは逆転するだろう。
 でも、しつこいけれど、選ぶのはあくまでも客……アメリカ人、とにかく食べすぎなんだってば。

投稿者 かめちゃん : May 10, 2006 02:48 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?