MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ファーストフードは肥満の原因? | メイン | 発表会の撮影 »

2006年05月12日

こんなサイト見つけた

2006-05-11.gif 調べものをしていたら、こんなサイトを見つけた。

 哲学者で心理学者(で音楽評論家!)のテオドール・アドルノ(1903-1969)が考案した権威主義の度合い「ファシズム尺度」(F尺度)を測定できるサイトである。「アドルノF尺度測定ページ」(http://cloudy9.fc2web.com/fscale.html)翻訳、プログラムは安楽直樹氏。 なんでも、30問の質問に答えれば、あなたの権威主義的傾向がわかるというもの。数値が高ければそれだけ権威に依存するタイプということのようだ。

 アドルノは、ナチスドイツに迫害されたユダヤ人。ナチズムは権威主義者が作り上げたものとして、亡命先のアメリカで権威主義の研究を行っていたそうな。このプログラムの作者も書いているけれど、ファシズム=権威主義的パーソナリティーとするのは、いささか短絡的。でも、権威主義は、自分ではものを考えない無責任主義なわけだから、その風潮が権力者を好き勝手にさせてしまう(あげくにファシズムまで突っ走る)ことはあるかも知れない。

 そういえば、その昔、エゴグラム(性格診断)がはやったなぁ……など思いつつ、やってみた……ら、こんな結果だった。

F尺度: 2.8(あなたは『自由主義者』です。自己中心的、相対主義、即時志向、感覚主義、快楽志向が特徴です)
因襲主義 中産階級の諸価値に対する執着 2.25
権威主義的従属 内集団の理想化された道徳的諸権威に対する無批判な態度 2.85…
権威主義的攻撃 因襲的な諸価値を侵犯しようとする人々を探し出し、非難し、拒絶し、処罰しようとする傾向性 2.125
反内省性 主情的で、想像力に富んだ、柔軟な考え方への敵対 3
迷信とステレオタイプ 個人の運命について神秘的な規定要因を肯定しようとする信念。固定したカテゴリーで考えようとする専有傾向 2.33…
権力と「剛直」 支配者-服従者、強者-弱者、指導者-追随者、という思考枠組みへの先入観。権力をもった人物への一体化。自我の因襲にとらわれた諸属性を過度に強調すること。 強さとタフネスについての誇張された主張。 2.75
破壊性とシニシズム 人間的なものに対する一般化された敵意と誹謗。 5.5
投影性 世の中には野蛮で、危険なことがらが横行していると信じたがる傾向。無意識の情緒的衝動の外界への投射。 3.2
性的「現象」についての誇張された関心 2

『自由主義者』……だそうで。自己中で快楽主義っていうのが「ええーっ!?」だが、それよりなにより「破壊性とシニシズム」が異様に高いのが気になる(6が最高なのに5.5って……)。言っておくが、どう考えても破壊的ではないし、シニシストでもないぞ! たぶん、【設問25】「国民生活が、政府首脳によってどれほど大きく支配されコントロールされているかという点について、大多数の人間は気付いていない」と【設問26】「人間の本質が今日のようなものである限り、常に戦争と対立は存在しつづけるであろう」に「賛成(強く)」を選んだからでしょうね。でも、そういうものと理解しているだけで、敵意を持っている(悪いと思っている)わけではないんですけど。

 まあ、この手のテストはネタにすぎない。学術的、統計的、科学的という「権威」を信じ込むのもまた危険なり(こういうテストは好きなんだけどね)。

投稿者 かめちゃん : May 12, 2006 01:53 PM

コメント

私は、F値が3.4で一般人でした。
ま、自分でも、いかにも!って感じです(笑)

投稿者 きいこ : May 14, 2006 10:32 PM


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?