MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« May 2006 | メイン | July 2006 »

2006年06月26日

『昭和はじめの「地図」の旅』展

2006-06-26.gif 日本の国土で誇れるものは……と聞かれれば、迷わず「富士山!」と答える。頼むから、このまま未来永劫、火山活動は停止して、形を変えないでいておくれ~……と願わずにはいられない(噴火されたら、形が崩れるどころの騒ぎではすまないが)。

 昨日、横浜都市発展記念館に行ってきた。『昭和はじめの「地図」の旅(東日本編)』という展示会を観るためである。文字通り地図の展示会なのだが、そこにあったのは、主に、当時の各鉄道会社が発行していた鉄道案内図や巨大で美しい観光地の鳥瞰図だった。

 なにしろこの時代、電車の発達と観光業の躍進で、これら観光用の地図が大量に刷られたそうなのだ。日本でもサラリーマン家庭が増え、週末に電車で小旅行! というのが流行ったらしい。いまでは観光地の情報は、テレビや雑誌やインターネットでうんざりするほど手に入るけれど、当時の人々は、これら三色刷りのパンフレットや鳥瞰図、少数のモノクロ写真が掲載されたガイドブックや絵葉書などからイメージを膨らませ、旅を楽しんだのだろう。。

 この展示会の大半を占めていたのは、「大正の広重」と呼ばれた吉田初三郎氏の観光都市の鳥瞰図である。鳥瞰図とは、上空から(鳥の目線で)観た絵地図で、地形や建物を立体的に描く。そのため、尺度は無視され、こんなに駅同士が近いか? とか、こんなにでかい建物があるか! と突っ込みどころが満載になる。が、絵としては美しく、まさに芸術なのである。

 で、その美しき鳥瞰図で観たものは……富士山、富士山、富士山、富士山! しかも、登別から見える富士山、仙台から見える富士山、新潟から見える富士山……すごい、日本全国どの地域からでも、富士山は望めるのだ!! もう感謝感激……いや、笑った。

 まさか、こんな地味な展示会で笑わせてもらえるとは(まわりにいたひとごめんなさい)。もちろん、絵がおかしいのではなく、どの地図にも富士山を描いてしまう吉田氏の遊び心に笑えるのだ。 絶対見えるはずのない地方の地図には、絵のはしっこに豆粒ほどに描かれ(でも、ちゃんと富士山とわかる絵になっている!)、神奈川や甲府など実際に見える地方の地図には、でかでかとディテールまで美しく描かれている。もし、吉田氏に会ったら(もう他界されてるって)、「富士山は日本の誇りですよね!」と意気投合したに違いない。

 こういう美しくも楽しい鳥瞰図を描ける絵師って、現代にもいるんだろうか。少なくとも、旅行パンフレットで、絵地図の美しさに注目することはないけれど。
(って、いったい、なにを観にいったのやら……)。

投稿者 かめちゃん : 01:16 PM | コメント (0)

2006年06月23日

ネタがない

2006-06-23.gif この数日間というもの、頼まれごとでMovableType(このブログのシステムね)を研究。いや、おもしろい。これが終わったら、このサイトももう一度、デザインから構成からなにからなにまで作り変えちゃおうかな……とまたしても、そんな無謀な気が起きてしまった。

 どうもひとつのことに夢中になっていると、その他のことがまったく見えなくなってしまう悪い癖があり……ってことで、日記のネタがない。世の中の情報といえば、サッカー負けて終わっちゃった……ぐらいしかわからない。ま、いっか。

 ってことで、今日はそれだけ。

投稿者 かめちゃん : 11:21 AM | コメント (0)

2006年06月20日

昨日に続き

2006-06-20.gif 再びWカップ。サッカーには興味がないので、実はルールはよく知らない。前半45分、後半45分、という試合時間も知らなかったほど。で、クロアチア戦を見ながら、そんな長い間、全速力で走っていたら、自分なら絶対死ぬな……と思っていた。

 それにしても、試合が日本時間の夜10時からとは、いい時間帯をもらったものだなぁ……各国の放映時間を考慮して組んでんのかなぁ……と思ったら、やっぱり、(日本は)そういうことだったようである。しょせん、スポーツの祭りは商業ベースのショーということか。

「2試合連続で炎天下での試合になったのは、日本にとっては厳しい条件となった。しかし、テレビがそれを望んでいる以上仕方がない」
 ジーコ監督のクロアチア戦後のインタビューのこの内容が、ネットで騒がれていた(「神保哲生氏のサイトなど http://www.jimbo.tv/commentary/000272.php)。なんでも、テレビでは、インタビューのこの部分だけ同時通訳されなかったとか。メディア批判は訳さないようにと言われているんだろうか。

 日本時間の夜10時は、現地の午後3時。猛暑にさらされる一番過酷な時間帯らしい。その過酷な時間に、日本の初戦と第二戦は割り当てられた。日本のテレビ局の要望があったらしい。当然、相手国も同じ条件で戦うわけで、負けた理由にはならないかも知れないが、問題はそこじゃない。

 試合の後、必ずニュースになる、視聴率。それが高ければ高いほど、スポンサーやテレビ局は成功したと思うのだろう。視聴者も数字が高ければ高いほど、多くの人と一体感を得て満足するのかも知れない。ただ、それが「試合のコンディションを悪化させても視聴率が取れたほうがいい」と思っていてのことなのだろうか。日本全国あげての応援合戦に参加しているサポーターたちは、その事実を知って、どう思うのか、知りたいところだ。

投稿者 かめちゃん : 12:26 PM | コメント (0)

2006年06月19日

Wカップ2戦目で

2006-06-19.gif 昨日はクロアチア戦。いちおう、テレビで観ていたが、どちらも点が入らない試合は、ゲームとしては、おもしろくないものですな。

 ってことで、昨日のテレビはいつつけても、どこをまわしても、サッカー情報が飛び込んできた。で、
「あれ?」と思ったのだが……夕方のあるニュース番組で、日本人サポーターが現地であまったチケットを売っている映像を流していたのだが、あれって、ダフ屋行為じゃないのか? 個人的に定価で売り渡すのはいいんだっけ????(よくわかってない)。
 いや、気になったのは、それをどうしてレポーターもキャスターも気にしないんだろう? ってことだ。たとえ、違法でないとしても、ひとこと「この行為は違法ではありません」ぐらい言ってほしい(言っていたのに聞き逃しただけかもしれないが)。

 で、その関連で思い出した。土曜日に行った映画『デスノート(前編)』の舞台挨拶つきチケットは、火曜日にネットの映画館発売窓口で買ったものだ。0時から発売開始というので、数分前からアクセスし、0時になったらリロード。それでも、なかなかつながらず……でもなんとか買えた。で、あっという間に完売……である。
 とはいえ、このチケット、次の日には、ネットオークションでぞろぞろ売り飛ばされていた。つまり、購入者の中には、はじめから高く売り飛ばす目的で買っている人もいるわけだ(希望価格8000円なんて掲げてあったし)。
 ネットオークションでダフ屋を摘発するのは難しいらしい(違法ではないとも聞く)。たとえそうであっても、がんばってチケットを取ろうという人からすれば、いい気はしない。

 なので、ドイツで日本人があまったチケットを売っている映像を観るのもいい気がしない。テレビで堂々と流れていると、それが迷惑行為だとも思えなくなる。
 あれ? 挿絵漫画と内容がかわってしまった~。ま、いっか。

投稿者 かめちゃん : 01:29 PM | コメント (0)

2006年06月18日

映画鑑賞『デスノート(前編)』

2006-06-18.gif どんなに気になる映画でも、公開初日に観ることはほとんどないのだが……観てきた。映画版『デスノート(前編)』。もちろん、早く観たくて観たくて観たくて……ではなく、いつも観にいく映画館で初日舞台挨拶があったから! ……である。どうせ同じ値段で同じ映画館で観るなら……って、単なる藤原オタか(でも、今回は藤原くんよりLに会いたかった……って、単なるデスノオタか)。

 オリジナルが小説(または漫画)で「期待通り!」と満足したものはいまだかつてない(『イージス』とか……泣)。ってことで、『デスノート』も期待せずに観にいったのだが、意外や意外、これがなかなかおもしろかった。
 あのモノローグだらけで丁寧に読まないと理解できない漫画を、よくもここまでわかりやすく構成しなおしたものだと感心する。ぼーっと観ているだけで、ちゃんとストーリーについていける。これなら、原作を知らない人でも楽しめるだろう。「映画には映画のやり方がある」ということを改めて理解した。

 原作のある映画がおもしろくない原因のひとつに、「ストーリーの詰め込みすぎによる急展開」があると思う。そのため、キャラクターの行動描写が中途半端になり、チープな印象しか残らない。監督がまとめた原作のダイジェスト版を観ているようなものだ。
『デスノート』はコミックス全12巻。そのうち、映画(前編)で描かれたのは、3巻の途中まで。たぶん後半は4巻+オリジナルストーリーで完結させるんじゃないだろうか。原作の最後は個人的には好きなのだが、映画は独自のラストを用意するはずだ。もしかしたら、原作とは逆の結果が出るかもしれない。映画はそれでいいと思う。

 とはいえ、やはり原作を読んでしまうと、どうしても比較してしまう。主人公のキャラは、原作のカリスマ的優等生ではなく、(少なくとも見た目は)どこにでもいそうな普通の大学生。また、女性は利用するだけという非情さも、映画では、たとえ利用していても、原作にはみられない苦悩が見える。映画は生身の役者が演じることで、人間味がでてしまい、原作ではことごとく削られていた心の葛藤を描かないわけにはいかなくなるのだろう。だから、漫画のキャラとは変わってしまうのは当然なのだ。が、Lは原作にかなり近いイメージだったので、ちょっと驚いた。とはいえ、後編では出番も多くなるはずなので、やはり人間味が出てくると思う。

 他人の感情を読み取るのは、言葉よりもさりげない表情からだったりする。漫画の実写化が流行っている理由のひとつには、言葉や絵では表現しきれない微妙な感情を、生きた人間の表情で補いたいという思惑があるのだと思う(役者の力量により、逆効果もあるけれど)。

 原作は「これ、ピュアな子どもが読んだら、月の思想に影響されないか?」と少々、心配してしまったけれど、映画は漫画ほど影響力はないと思う。その理由はやはり、月にカリスマを感じないから……である。これはたぶん、意図的だと思う。もし、カリスマを持たせるなら、ノートにはきれいな字で几帳面に描く描写にするだろうし(いくらでも別撮りできる)、そのような演技をさせただろう(近代能楽集の俊徳みたいな。あの演技は人を妙に魅了するカリスマ性を感じさせたので、できないことはないはず)。

 それは原作の月の目標「新世界の神になる!」を「神」とはいわず「革命」と表現したことにも言えると思う。観客と等身大にすることで、影響力を落としたのではないだろうか。
 もし、監督に会ったら(会うわけないが)、その辺を聞いてみたい(あと、原作者にも聞いてみたいと思ったひとこと「ニーチェ好きでしょ?」も。なにげなく、キャンパスで月が読んでいた。やっぱり、影響受けているって思うもんねぇ)。

 で、映画の後編は11月……5ヶ月も先とは! その頃にはきっと前編忘れてますな。

投稿者 かめちゃん : 02:07 PM | コメント (0)