MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« まとめてDVD鑑賞! | メイン | Nスペ『ワーキング・プア』その1 »

2006年07月21日

メモと靖国

2006-07-21.gif 昭和天皇メモで、政治家やマスコミが騒いでいる。この話(靖国問題)は、正直、興味ないんだけど、終戦記念日を一ヵ月後に控えたこのタイミングで、よくもまあ、面白いように発表されたものだと思う。裏で情報操作しているの誰だろ~とあざといものを感じつつも、首相のこの行動(靖国参拝)にはあきれていたので「一石投じてくれてありがとう」……という気持ちがないわけではない。

 首相の参拝はいくらご本人が「心の問題」といっても説得力ゼロ。私人としてだろうが、けっきょく、行動=形は残る。形が残る限り、まわり(国民&諸外国)はその形を問題(大事)にするものだ。
 ほんとうに、心の問題としてまじめに説得したいなら、形を残さないように工夫すべきだろう(マスコミシャットアウト、真夜中にこっそり……とか)。が、それでは公約違反、「票」がもらえない。まわり(遺族)のためには、形にしないわけにはいかない。
 この問題の馬鹿馬鹿しさはそこにある。「心の問題」とかいうけれど、本当に「心(信仰心)」を持っているんですか? とついつい疑ってしまうのだ。つまり、言葉に真実味がない(この人の発言はほとんどそうなんだけど)。なのに、そのウソっぽい言葉に世の中、振り回されている。まったく、馬鹿みたいである。

 が、天皇の参拝は、ほんとうに「心の問題」……になるのではなかろうか。そしてその心は「日本の心」として象徴されてしまう。切り離して考えたいのなら、天皇制とはなにか? を根本的に問い直さないとならない。天皇はお飾りでもアイドルでもなく、一個人でもない。日本および日本国民統合の象徴。国民統合の象徴ですよ? 意味わかります? 個人的には「わかんないし、関係ないし」と思っても、対外的にはそんな勝手は効かないだろう。

 キリスト教徒が十字架を「わかんないし、関係ないし」なんて言おうものなら「あんたキリスト教徒じゃないね」と神のご加護は受けられないだろうし、アメリカ人が星条旗を「わかんないし、関係しないし」なんて言おうものなら「あんたアメリカ人じゃないね」と村八分にされるだろう。象徴というものは、自分と共同体をつなぐ絆でもあり、それゆえ自己に内在しているものであり、わかんなくても、関係なくても、必然的に、切っても切れない存在なのである。少なくとも、象徴を大事にする文化圏の国々では、そう思っているだろう。
 なので、天皇(の発言)なんて「わかんないし、関係ないし」なんて言おうものなら「日本人、わけわからない。信用できない」と思われても仕方あるまい。たとえ、政治的権限はないといえども、「象徴」の持つ影響力は思いのほか、大きいものだ。

 今回のメモに「なんの影響もない」という首相は、天皇を自分と同じ一個人だと思っているのだろうか。記者はどうしてもっと突っ込んで聞かないのだろう。一個人とするならば、天皇制はなんのためにあるのだろう。もちろん、首相も一個人として考えていいのか? との疑問もある。確かに、天皇も首相も同じ人間。そんなの、あたりまえだ。そんなレベルで話す話じゃないことぐらいは、誰もがわかっている。わかっているくせに「(人間個人の)心の問題」以上の発言が聞かれないし、引き出そうともしない。だから、まったく、馬鹿らしいのだ。

 もともと靖国問題は、中国や韓国の内政干渉以前に国内問題。今回のメモ騒動は、それを明らかにしたわけだ。
 どうでもいいと思いつつも、個人的には、宗教問わず、誰でも参拝できるようなモニュメントを別に造ればいいんじゃないの? と単純に思っている。もちろん、現在、祭られていない戦死者全員に対しての。政治家がいくのはそっち限定。

 ま、本当に心の問題であるならば、そんなものすら必要ないはずだ。毎日、空に向かって祈るだけでもいいし、子どもや後輩たちに伝え聞かせるだけでいい。ともあれ、今年の8月15日はどうなることやら。

投稿者 かめちゃん : July 21, 2006 03:50 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?