MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« Nスペ『ワーキング・プア』その1 | メイン | 8月になっちゃった »

2006年07月28日

栄養バランス

2006-07-28.gif 今日は「ワーキングプア」その2 を書くつもりだったけど、その前に、「貧血っ!!」のお話。

 このところ、椅子から立ち上がろうとすると、くらぁ~っ! とすることがよくある。おまけに喉の調子も悪いし、体重も減ったし、胃の調子もいまいち……。culiも同じく、くらぁ~っ! とすることがあるらしい(やっぱり喉の調子も悪いし、体重も減ったし、胃の調子は……悪くないようだが)。
 ふたりそろってく~らくらで体重減少ということは、生活習慣が悪いに違いない。いや、もしかしたら感染症? 咳が出て体重減少とくれば、まさか結核っ! もしかして隔離? そうなったらモルたちはどうなる? まさか結核防止法により、知事の命令で処分されちゃう? えーっ! そうなったら、とことん県と闘わねば。処分の前に人間と同じように検査をしてもらい……と想像はどんどんおかしな方へと向かっていく。

 いかん、健康の敵は「無知」と「過信」(結核に対してもかなり無知!)。ってことで、冷静に生活を振り返ってみよう……いや、振り返るまでもなく、原因は、食生活の変化しかない。
 この10ヶ月ぐらい、主食を玄米に変え、肉を少なくし、魚を多く食べるようにした(野菜は当然のこと)。もちろん、健康維持のための食卓改革! であったのだが、よくよく調べなおしてみると、己の無知さ加減を知って「ひょえーッ!」となった。本を1~2冊、ネットをちらほら見ただけで「知ったつもり」になっていたのだ。

 く~らくら=貧血である。貧血といえば、鉄不足。鉄はミネラル。玄米は栄養価の高い食品でミネラルも豊富。白米なんかには比べ物にならない。だから、玄米を食べていれば、鉄不足になるはずがない。
 がっ! 玄米はそもそも消化が悪い食品で、50~100回は噛んで食べないと消化されないといわれている。また、玄米に含まれるフィチン酸とやらがミネラルと結合してしまうため、本来持っている豊富なミネラルは体内にほとんど吸収されず、それどころか、体内中のミネラルまでぶんどってしまうという説がある(体内のミネラルには影響しないという説もある)。

 つまり、玄米を食べると貧血になる……かも知れないわけだ。いや、現に貧血になっている。もちろん、原因は別にあるのかも知れないが、50回以上も噛んで食べてはいないし、その可能性は高い(玄米食で体重減少もするそうで)。
 あらら、残念。玄米食で健康維持できる! と思っていたのに……。なにしろ、玄米に変えてから、長いこと苦しんでいた便秘と下痢の繰り返しからは脱却し、腸の調子は非常に良くなったのだ。どんなものにも良い面と悪い面があるということか。しかたがない、玄米食は見直しである。

 まず、残っている玄米は発芽させ「発芽玄米」にする。ただ、発芽させるだけで、ミネラルとの結合がほどけ、体内吸収がよくなるとか(ほんとかいな)。環境が変わり成長すれば、中身も変わるという良い例(?)なのかどうか、試してみるしかあるまい。
 で、この先はどうするか。市販の発芽玄米は高いし、普通の玄米を買って発芽させて使うとなれば、水の交換など面倒な作業が増える。あるいは、白米に発芽玄米パウダー(自然食屋さんに売ってた)を入れてごまかすか……。うーん、予算と手間を天秤にかけて、やりやすいほうからやってみるしかないか。
 
 それと平行して、ミネラルのサプリメントとミネラルウォーターを飲むことにした。というのも、スーパーで売られている量産野菜は、ミネラルの含有量が(ほかの栄養素もだが)かなり低いという情報があるからだ。それが本当なら、いま食べている野菜の量では不十分。もっと大量に摂るか、あるいは栄養価も値段も高い有機野菜を買うしかない。……と考えると、ふつふつと怒りが込み上げてきた。
 これでいいのか、日本の農業! いや、日本の食生活。それこそ「ワーキング・プア」の農家の方々に先頭に立っていただいて、農業改革(安全で栄養価の高い良い作物を作る農家が増える=そんな農家こそが豊かになれて、消費者にも安く手に入るような改革)をしてもらいたいものだ。郵政の次は農業改革やって>次の総理のひと。

 と、話がズレた。しかし、本屋に行っても、ネットをくぐっても、健康に関する情報は錯綜しまくっている。「玄米は健康にいい」という情報を得た矢先に「玄米食は早死にする」という情報を目にする。いったいなにを信じればいいのだろう。ま、ニアじゃないけど(突然、デスノ)、たとえ神(=医者や有識者)の教示があっても、それが正しいか正しくないかは自分で考え自分で決めるしかあるまい。そのうえで、まずは実行。そして、自分の身体と対話しながら、間違っていると思ったら捨てればいいし、正しいと思っても、身体は変化する生き物、常に対話を忘れちゃいけない。
 ともあれ、家族の食事を作る人は、栄養学をきちんと学べ……と反省です。

投稿者 かめちゃん : July 28, 2006 04:04 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?