MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« August 2006 | メイン | October 2006 »

2006年09月28日

観劇・ギリシア悲劇『オレステス』

2006-09-28.gif【カタルシス】〔アリストテレスが「詩学」で展開した説。浄化・排泄の意〕(1)悲劇を見ることによって日頃、鬱積している情緒を解放し、精神を浄化すること……[大辞林 第二版]。

 というわけで、カタルシスを得るためにギリシア悲劇『オレステス』を文化村(渋谷)まで観に行った……なわけない。ただ、蜷川氏演出、藤原くん主演の舞台ということで観に行っただけ~。とはいえ、作:エウリピデス(前485頃-前406) ……って、すごいよねぇ。2400年前の人ですよ。いまだ、演じ続けられているのには、それなりに魅力がある戯曲、なんでしょう……か?

 ストーリーは、不貞を働き父を殺害した母を、父の名誉と復讐と国の秩序のために殺せというアポロンの神託通りに殺した息子(オレステス)と姉(エレクトラ)の苦悩と逆ギレ劇。まったく、どの時代の神様も、ろくな神託を出さないですな。
 古代ギリシアは政教分離の(?)民主主義。「アポロンの神託? なんのことです?」と民衆は母親殺しの姉弟にどのような罰を与えるか(というより、どのような死刑方法を与えるか)の話し合いを始めている。母親殺しは死刑に値する大罪なのだ。

 オレステスはアポロンに見捨てられ(殺害後、アポロンは沈黙したまま)、復讐の女神にとりつかれたと狂人のようになってしまう。良心の呵責に死の恐怖、自分の行いを神のせいにし、叔父には命乞い……2400年前から人間の性は変わらないものですな(だから、いまだに演じられるのか)。
 けっきょく、叔父には見捨てられ、親友(ピュラデス)と民衆の説得に出かけるが、味方したのはひとりの農民だけ。あとの民衆は、オレステスを破滅させようとする有識者たちの論を支持し、死刑を望む。となれば、多数決で死刑決定! いつの時代も肩書きがものをいい、弁が達者なほうが勝つ!(これも、2400年前から変わりなし!)

 ここで、無念だが潔く死ぬ……のかと思いきや(あるいは、ここで、アポロンの助けがくるか! と思いきや)、このまま死んでなるものか、と見捨てた叔父の妻(ヘレネ)の殺害をたくらむ。そのやり方がなんとも汚い。叔父の娘を人質にし、家を燃やすというのだから、完全に逆ギレである。いいんですか、主人公なのに! ブラックヒーローの原点ですか!
 まあ、最後はけっきょく、アポロンが出てきて「仲良くしろよ」と丸く収めてはい、カタルシス~(おまえがけしかけたんだろうが!)。
 演出としては、ここで天井から神……じゃなく紙がパラパラと落ちてきて、拾ってみると、なんと「アメリカ国歌」「イスラエル国歌」「パレスチナ自治区の戦歌?」???? 強引に現実に引き戻されましたとさ。蜷川氏には、ギリシア悲劇の中にいまの中東情勢が見えたのでしょう。

で、その神……じゃなく紙(しつこい)を読んでみると[抜粋]

●イスラエル国歌→私たちの土地で、シオンとエルサレムの土地で、自由な人々になること……
●パレスチナ自治区→我が国土と我が故郷を切望する我が血、戦いの地我が祖国の決意……
●アメリカ国歌→私たちは征服しなければならない、それがまさに私たちの主義であるときは……(ひどいな)
●レバノン共和国国歌→すべての私たちの努力を私たちは捧げる。私たちのすべて!私たちの国のために、私たちの旗と栄光のために!

 なんつー歌詞じゃ。もう、勝手にやってください。日本は美しい国をめざしますから……って、美しい国ってなに?

投稿者 かめちゃん : 01:15 PM | コメント (0)

2006年09月21日

親子喧嘩

2006-09-21.gif 久しぶりの日記更新! ……というのが、最近多くなってしまいました。毎朝一時間、早く起きて書けばいいんだよな~と思いつつ、思うだけで目は開かない! 無理せず週1にするか、月1にするか、年1にするか……閑古鳥ですな(すでにそうか)。

 音楽会のお手伝いは無事に終わり、昨日までは実家に行ってました。で、案の定(?)父親と大喧嘩(手、足、刃物、鈍器、マッチは出ませんが、頭の中ではヒートアップの流血モード)。まったく、あの頑固オヤジ! 旧い知識をベースにそれが常識だと譲らない。おまけにこっちが知らないと思ってハッタリをかけてくる。

 昔だったら、少なくとも自分よりも専門家の意見だからと、そっちが正しいに違いないと折れただろう。が、いまはわからないことは必ずネットで調べ、裏を取る。もちろん、どうでもいい話であれば、その「人」を信用してそのまま受け入れるけれど、大事な話であれば、たとえ父親だろうと、おエライ権威者の言葉であろうと、鵜呑みにはしない。おまけに父は侮れない。口論になると、心理的に操る作戦に出るのは昔からのことなのだ。
 で、裏を取るため調べてみたら、やっぱりウソじゃん! 立場を利用してハッタリかけたな……と反撃に出ようと思ったら、すでに姿なし。まったくもう。

 喧嘩の原因は公開日記に書くべきことではないので、なんとも抽象的になってしまうが、コミュニケーションを円滑にするためには、同じ情報を共有する(少なくともそれぞれが拠り所にしている情報を互いに知る)必要がある。が、これが、なかなかに難しい。その情報を説明するだけで、エライ時間がかかるし、その情報を信用する価値があると思ってもらうためには、さらに、多くの情報を与えないとならない。しかも「偏見」や「願望」が、その情報を正しく理解しようとする気持ちを妨げることも少なくない。まして、初めから聞く耳を持たない相手には、どう踏み込んだらいいのかわからない(あ~、抽象的)。
 
 で、けっきょく、互いに理解しあうことは面倒になって「こんなヤツに話しても無駄!」と決裂する。いや、初めから理解を求めているのではなく、相手を自分の考え方に引き込む(悪く言えば屈服させる)ことしか考えていないのだ。そこには、親子だから10のうち3言えばわかってもらえるはず、という安易な願望があり、それが裏切られると、7を説明せず(あるいは聞こうとせず)、感情的に押し付けようとしてしまう。ま、お互いに。

 ウチの親子喧嘩は口論だけだが、最近のニュースをみると、決裂してご破算では終わらず、なにがなんでも屈服させてやる、とばかりに手足刃物鈍器マッチなどなどが出て、親子喧嘩が刑事事件になっちゃったりもしている。『他人を許せないサル』(正高信男著/ブルーバックス)に、最近の日本人のコミュニケーションツールはもっぱら携帯で、電話よりもメール、若者なら、文字よりも「絵文字」を多用する、と書いてあった。
 いざ、言葉を多用する口論になったとき、伝えたい気持ちが絵文字で頭に浮かんでも、相手には伝えられない……だとすると、ジレンマから言葉よりも手足(それ以上は却下)が出てしまう? なんてこともあるんだろうか、と考えてしまう。

 口論するときは携帯で。あるいは、絵文字プラカードを常に持ちあるこう! なんて時代が……こないな。

投稿者 かめちゃん : 04:37 PM | コメント (2)

2006年09月11日

DVD鑑賞『スーパー・サイズ・ミー』

2006-09-11.gif 1ヶ月間、ファーストフードで過ごしたら、身体にはいったいどんな影響が出るんだろう? ってことで、監督自らが被験者となったドキュメンタリーフィルム『スーパー・サイズ・ミー』を観た。マイケル・ムーアを彷彿させるユーモアたっぷりの映像つくりで、なかなかに笑えるのだが、実験の結論は、笑えるどころかムンクの叫び、過ぎたるは毒、いと恐ろし……である。
 
 アメリカは言わずと知れた肥満大国。2002年、その国の少女がふたり「自分が太った原因はマクドナルドにある!」と訴えた。このニュースを知った映画監督、モーガン・スパーロック氏は「じゃ、検証してみよう」と自らの実験に立ち上がったというわけだ。

 彼は実験前に数人の医師のもとで健康診断を受け、絵に描いたような健康体とのお墨付きをもらった。その医師たちと栄養士の監視の下、1ヶ月にわたる「マクドナルド生活」に入る。朝も昼も夜もマック。おまけに、アメリカにはLの上に、スーパーサイズなる特大メニューがあり、販売員がスーパーサイズを勧めてきたら断らずにそれを頼む、というルールも設けた。
 映画はマクドナルド好きの若者(主に肥満のヒト)、医師、栄養士、弁護士、企業を守る圧力団体、それに監督の彼女(ベジタリアン!)らのインタビューに、現代アメリカ人の生活環境(ファーストフードが占める位置)などのレポートを交えながら、彼の実験の経過を追っていく(残念ながら、当のメーカーのインタビューはとれなかったようである)。

 監督の実験結果。1日3食マクドナルド生活をはじめて5日目には体重は5kg増加。体調を崩し、気分もうつ状態になりがちになった。17日を過ぎた頃には、肝臓は炎症を起し、ドクターストップ。が、彼はそれを無視して続ける。結果、30日後には、体重は10kg以上増え、お腹はぶくぶく、血圧、コレステロールは正常値を上回り、肝臓は堅くなり機能は衰えた(その後、8ヶ月以上かけて、元の身体に戻ったらしい)。

「自分が太った原因はメーカーにある」などという訴えは、あまりに身勝手、トンデモ訴訟と思うのだが(とうぜん、負けたらしい)、この映画を観た後では、そうそうトンデモではないのかな、と思えてきた。こんな極端な生活はしないにしろ、朝、昼、晩(おまけに間食)に高カロリーな食事を続けていれば、同じことが起きるだろう。
 もちろん、その責任は、食品メーカーにあるというよりは、子ども時代にファーストフードを初めとする高カロリー食品の味を習慣化させてしまった親にある。が、親も含め、食生活というものは、本人たちの意志の力だけではなかなか変えられない。それこそ病気でもしない限り、依存症のごとく身体自体が慣れた食べ物を求めてしまう。
 食品を売るプロなら、そんなことも踏まえ、毎日食べても健康でいられるメニューを提供してもらいたいのである。それが難しい専門店なら、タバコのCMよろしく「食べすぎに注意しましょう」「バランスよくいろんなものを食べましょう」ぐらいのコメントは、プロのモラルとして出してしかるべきだと思う。
 マックのようなファーストフード店なら、オーガニックのサラダバーガーに、つくりたてフレッシュジュースのセットをつくり、販売員は「スーパーサイズ」のかわりに、「低カロリーの健康メニューはいかがですか」と勧めるだけでも違うと思うんだけどねぇ。

投稿者 かめちゃん : 01:00 PM | コメント (0)

2006年09月08日

逮捕への反応

2006-09-08.gif 昨日の朝、友人から「デスノートの小畑氏が逮捕された! 映画に影響でるかなぁ」とのメールが届いた。いったいなにをやらかした? と思ったら、アーミーナイフ所持の銃刀法違反らしい。なんだ、そんなことか。そんな微罪でドル箱作品をお蔵入り(あるいは延期)するとは思えない……と返信したけれど、「逮捕」という事実にはみんな敏感になるものだ。

 逮捕=悪いヤツ、社会的制裁を受けさせねばならない、とシナプスが直結しちゃうのは、いったいなぜだろう。たとえ現行犯逮捕であっても、真実はどこにあるかはわからない。「逮捕」という事実だけで、第三者が過剰反応することはない。むしろ、その過剰反応を視野に入れて世の中は練られていたりする。まんまと踊らされてなるものか……と慎重になるべきだろうに、なかなかそう考える人は多くない。

 いつも拝聴している『ビデオニュースドットコム』で、先週、ゲストに経済学者の植草一秀氏が招かれていた。彼は以前、テレビにもよく出演していたけれど、品川駅で、手持ち鏡で女性のスカートを覗いたとして、任意同行、罪を認め有罪判決が下り、大学からもマスコミからも追放された。が、彼は罪を認めてしまったけれど、本当は無実なんだといまでも訴えている。罪を認めたのは、無実を主張し戦い続けるよりも、ラクだったから……との理由らしい。もちろん、真実は第三者にはわからない。けれど、彼のいい訳(ビデオニュースで聞けます)にも、一理あるとは思えるし、たとえ真実でも、そういう罪を犯してしまう背景を理解するべきだとは思う。そして、罪は罰としてあがなうことができる……とするのが、いまの世の中の仕組みではなかったか。

 が、一度、罪を犯してしまったら(認めてしまったら)、社会的に復帰するのはなかなかにむずかしい。ビデオニュースにも、彼をゲストに呼んだことへの非難があったようである。犯罪者=表に出すな。という図式は、あまりに単純すぎる。
 とはいえ、それが現実。たとえ新しい職場を得、再スタートしたとしても、人々の信頼を取り戻すのは大変だ。一度はりついたレッテルはなかなかぬぐえないもの。だからこそ、第三者が「逮捕」という事実だけに過剰反応するのは、無責任なことだと思う。社会の非難を浴びせれば、社会的信頼なんて簡単に壊れる。そのモロさを忘れちゃいけない。
 
 ある友人は、ハサミを持っていただけで、書類送検されたという。本人に犯罪の意図はなくても、つかまることはままあること……ってなぐらい、おおらかに考えていないと、いざ、自分の身に降りかかったとき、「逮捕」という重大さに負けて、非もないのに罪を認めてしまうかも知れない(非があるなら別だが)。

 小畑氏に関しては、映画にもアニメにも影響はでないようなので、まあ、いきすぎの過剰反応はなかったのだろう。でも、なんで持っていたんだろう。たぶんファッションじゃないかと思うけれど(キャンプにいくという理由だったようだが)、テレビやゲームの影響からか(?)ナイフを持っているのがカッコイイと思うヒトはけっこういるものだ。というより、大昔から、子どもはちゃんばらごっことかしているし、危ないモノにはあこがれるのだろう(とはいえ、本物持ってちゃいかんけどね)。
 というより、出先でハサミとかカッターとか使いたいときって、けっこうある(新しい服でタグを外し忘れていたりとか)。実用として持っていても、軽犯罪になるって、なんだかなぁ……と思うのだが(で、ライターはいいんだよね? 使おうと思えば、これも武器になるけれど……傘もね)。 

投稿者 かめちゃん : 12:25 PM | コメント (0)

2006年09月07日

忙しさにかまけていたら……

2006-09-07.gif
 至急の仕事のオンパレード(って2本だけど、めちゃくちゃ面倒で、担当者が~云々愚痴愚痴)で、ぜんぜん日記が書けなかった。で、その間、いつものごとく世捨て人。まあ、世の中のニュースなんて知らなくても生きていけるからいいのだが、生活までほったらかしにしておくと大変なことになる。

 まず、食事は慣れないてんやもんなんかを頼み、おなかを壊す(てんやもんが悪いわけじゃないです。慣れの問題)。洗濯物が溜まって替えがなくなる。で、いちばんショックだったのは、ベランダの木に水をやり忘れ、枯らしてしまったことである(モルモットは枯らしてない……じゃなくて、ちゃんと世話してましたが)。性格上、仕事に夢中になると、なにもできなくなるのだ(だから仕事はしないようにと減らしたのに???)

20060907.jpg いままでもベランダの植物は何度となく枯らしてしまったけれど、この木(→)は、まだ10センチ程度の苗木から育てていたので、めちゃくちゃショックなのだ。せっかくもうすぐ50センチってところまできたのに……。ま、自業自得。水やり忘れ+夏の日差し+コガネムシの幼虫のエサになってた……ってところでしょうか。まだ活力が残っていれば、生き返るかなぁ……。どうやったら元気になるだろう。いい方法があれば、どなたか教えてくだされ。


投稿者 かめちゃん : 10:19 AM | コメント (0)