MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 生まれ変わり | メイン | DVD鑑賞『ブレイブ・ストーリー』 »

2006年11月22日

DVD鑑賞『カーズ』

2006-11-22.gif 先入観がどれほどあてにならないものか……映画は、けっこう、それを痛感させてくれる。とくに、アニメ映画となれば、なおさらのこと……。

 昨日、『カーズ』を観た。3Dの車が主人公のピクサー映画である。主人公が車……というか、そもそも舞台は擬人化した車の世界(場所はアメリカ)なので、車しかでてこない……あ、ちがった。そのほか、飛行機、ヘリコプター、電車などの乗り物もちょこっと。それにハエ(これも羽の生えた車だけど)。

 劇場公開されたとき、culiは仕事上、「観に行かないと~」と言っていたのだが、こっちは正直、劇場で観るほどのものか? どころか、別に観たくないし、一生観なくてもいいや、と思っていた。同じピクサーの『ニモ』は、子供向けアニメといえども、まだ「観てもいいや」と思えた。なにしろ、主人公はお魚。まがりなりにも生物である。しかも、舞台は海の中といえども、陸には人間が住む普通の世界。人間との絡みもある。

 それに引き換え『カーズ』といえば、人間世界をそのまんまに人間を車に置き換えただけ……。もちろん特徴や性格や能力はそれぞれの車の性質に依存しているのだが、いくら本当にある街道・ルート66(このタイトルの旧いアメリカ映画もあるらしいが)を舞台にしていても、そもそも設定がナンセンスなのである。『スチュワートリトル』でネズミが平然と人間の子ども(養子)として活躍するのもぶったまげたが、大人になると、このナンセンスさを自然に受け入れることは困難だ。
 
 が、この『カーズ』、人間の想像力(この場合適応力か?)を引っ張り出すのがすごくうまい。いつの間にか、この擬人化車たちの世界を違和感なく受け入れ、あたりまえのように一緒にドライブしている。自分も擬人化車になって、擬人化車として観てる~っ! ……みたいな。
 それは、CGの美しさ、動き、音楽などの視覚聴覚の刺激から……というよりは、ストーリーがシンプルでかつ自然、そして、優しさに満ちているからだろう。

 子どもの頃から競争の世界に放り込まれ、時間に追われながらあくせく走り続ける現代人に、「忘れているものがあるでしょう」と立ち止まることを優しく教えてくれるこの作品。ヘタをすれば、説教がましくセンチメンタルになりそうなものを、楽しくスピーディに心地よく描いている。子供向けのアニメといえども、この完成度は高い。使い古された臭い言葉でいえば、むかし子どもだった大人たちに観てもらいたい映画……かな。
 『3丁目の夕日』が大ヒットしたのなら、こっちも、大ヒットしてもよさそうなのになぁ。やっぱり、先入観でしょうかねぇ……。

カーズカーズ
ジョン・ラセター ジョー・ランフト ラリー・ザ・ケーブル・ガイ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-11-08
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 かめちゃん : November 22, 2006 12:05 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?